沖縄観光に出かけよう

泡盛と国際通りのオススメスポット

沖縄は南国の国。お酒が強い方も多い地域です。私の知人も本当にお酒が強い。沖縄の方は朝まで飲むコースが普通だって聞いてビックリしました。私は沖縄のお酒「泡盛」を飲むのを楽しみにしていたのです。「泡盛」はアルコール度数がかなり高め。でも飲んじゃいました。

「泡盛」は、カボスのエキスを垂らして飲むと飲みやすくなると聞いていたので「カボス液体」を持参して飲み屋へ。うーん。本当に飲みやすい。これは何杯でもいけますな。国際通りと言う沖縄那覇の飲み屋街は眠らない街。朝までやっているんですよねー。

お店が開いているから飲みましょう。そんな感じの沖縄の人。主人はお酒に強くありません。私はお酒強い。この2人がどうして結婚したのか?両親も不思議のようです。沖縄ではお酒の事で大ケンカ。「お酒飲めないなんて情けない」言ってはいけない事を主人に言ってしまいました。

お酒は強制するものではないですね。ここで、国際通りのオススメスポットをご紹介。国際通りのホットモットのお弁当屋さん。ここでは、何と。ゴーヤチャンプルのお弁当が購入できます。もちろん。沖縄限定のお弁当。400円前後で食べれる本格ゴーヤチャンプル。

食べてみる価値あり。他にも国際通りのディナーでは、民謡の生演奏が聞けるお店があります。沖縄に滞在中に1回は行ってみてほしいです。私達夫婦は、沖縄で民謡ディナーを経験し、その時に演奏してくれたグループのファンになって、東京で開催せれるコンサートに行ったほど。旅は出会いの宝庫でもあります。

主人は民謡を聞いて涙を流していました。このグループのリーダーは、普段沖縄でタクシーの運転手をしていると言っていました。副業で夜は飲食店で演奏していると。沖縄の民謡グループは副業としていることが多いって聞きました。沖縄の人はみんな沖縄ムードを持った人柄。とても魅力的。民謡を聞きながら美味しいお酒が飲めるって最高ですね。

山梨のフルーツ狩りの旅に出かけよう

山梨と言えば。フルーツ大国。私はよく母と季節ごとに「山梨」へ旅行に行きます。目的は「フルーツ。」山梨は季節ごとにフルーツ狩りが盛んに企画されています。私が今までに山梨へ行ったフルーツ狩りで、オススメがいくつかあります。それをご紹介。

1.「モモ狩り」山梨はフルーツで有名なのですが、夏に行ったモモ狩りはジューシーで美味しかったです。

2.「ブドウ狩り」山梨の代表的なフルーツと言えば「巨峰。」ブドウ狩りは、行く月によっても食べれるブドウ種類が異なります。8月にブドウ狩りに行った時は「デラウエア」という粒が小さいブドウ。種もなく食べやすいのでパクパク食べてしまいます。でも私の個人的にオススメな月は9月。

ブドウの王様「巨峰」が食べられます。「巨峰」は実が大きく、食べ応えもあって、とにかく美味しい。母とがむしゃらに食べて8房は食べました。デラウエアよりもオススメ。だって「巨峰」は、スーパーやデパートでは高額で手に入らない果物。それが食べ放題状態なのは、素晴らしいですよね。

フルーツ狩りは、基本的に食べ放題なので。9月の季節に行くと様々なブドウの種類が食べれます。8月はまだブドウが育っていないので、種類も限られてしまいますが、9月は旬。私は9月に山梨に行き、5種類くらいブドウを食べました。

巨峰からマスカット・高級なブドウ(名前不明)・その農園のオリジナルのブドウなど。とにかく美味しかった」。お土産でブドウをお持ち帰りできます。これがまた格安。おまけもしてくれるし、山梨でフルーツ買ったら、スーパーなどでは買えませんね。

安くて新鮮だから。毎年恒例の母との山梨フルーツ狩りの旅。1度「山梨のフルーツ狩り」へ行ってみて下さい。リピーターになること間違いない。